So-net無料ブログ作成

電源コード断線火災事故 ドライヤーが最多の61件(産経新聞)

 電源コードの断線によるやけどや出火などの事故が、平成16年度から20年度の5年間で185件発生していたことが9日、独立行政法人、製品評価技術基盤機構(NITE、東京都渋谷区)のまとめでわかった。製品別では、使う際にコードがねじれることが多いドライヤーが61件と最も多かった。NITEは「電源コードは大切に扱い、ねじれや傷などを点検して」と注意を呼び掛けている。

 事故が多かった製品はドライヤーのほか、こたつ(31件)、掃除機(25件)、電気あんか(23件)、電気毛布(16件)など。このうち5件の火災で7人が死亡している。

 電源コードは、繰り返し折り曲げたり、器具に巻き付けたり、重いものを上から載せたりすると、表面のビニールカバーが劣化して内部の金属線が切れたりしてしまう。その結果、異常発熱やショートを起こし火花が発生、周りの可燃物に燃え移り、火災ややけどの原因になるという。NITEでは「切れているように見えなくても内部は切れている場合もある。コードが熱を持っていたり電源が入らなかったりする場合は危険」としている。

 特に、電気あんかなどの就寝中に使う暖房器具の場合は、「発火に気がつきにくく、布団などの可燃物が近くにあるため大きな火災につながりやすく非常に危険」(NITE)と指摘。コードを収納する際は、折り曲げて束ねるのではなく、「輪を複数作って重ねるようにして束ねると、コードに無理な力が加わりにくい」としている。

【関連記事】
低温やけどにご用心 ノートパソコンでも
電気用品検査の登録取消へ 経産省、三重の会社
電気メスの火花が引火、男性患者死亡 大阪市大病院
「たこ足配線」が原因? 目黒の2人死亡火事

小沢氏と進退協議か 首相「何らかの責任」(産経新聞)
【1都4県週刊知事】東京 石原慎太郎知事 5万ドル値切りました(産経新聞)
清水2冠3連敗にも「楽しかった」…将棋女流名人位戦第3局(スポーツ報知)
【元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(中)】「極悪非道な『ふり』をしているだけ」 弁護人、人間性強調(産経新聞)
<朝青龍殴打問題>被害者から聴取 警視庁(毎日新聞)

小沢幹事長、田村参院議員に入党要請(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は5日、政治資金規正法違反事件での不起訴を受け、党務を本格的に再開した。小沢氏は同日、党本部に昨年末に自民党を離党した田村耕太郎参院議員(鳥取選挙区)を招き、民主党への入党を要請した。

 小沢氏は「君は経済や財政、成長戦略に明るい。その力を日本のために貸してくれないか」と語った。田村氏は「考えさせてほしい」と答えた。

 田村氏は面会後、記者団に「政策面で実行力のある立場で、経済(問題)に挑戦できるかもしれないのは非常に魅力的に感じた」と語ったが、入党については「白紙だ」とし、今後検討する考えを示した。

 田村氏は今夏の参院選で改選を迎えるが、民主党は改選1議席の参院鳥取選挙区で坂野真理氏の擁立を決めている。田村氏が民主党入りすれば、民主党会派は参院定数(242)の半数(121)となる。

【関連記事】
石川知裕被告を保釈 保釈金1200万円
小沢幹事長が訪米検討 キャンベル次官補の要請で
「民主の倫理観」批判 辞職勧告不採決で自民・大島氏
政治責任を改めて問う 国会は証人喚問で疑惑解明を
小沢氏不起訴 関係不安定化は回避 中国に安堵感

30歳代女性に小沢氏への嫌悪感(産経新聞)
小沢氏、訪米も大名行列?5月の大型連休中に(読売新聞)
山口大に鉱物コレクションの展示館(産経新聞)
路線バスにクレーン車追突=乗客7人軽傷、乗降中−東京(時事通信)
オリックス小瀬選手、キャンプ宿舎で転落?死亡(読売新聞)

鳩山首相「小沢幹事長は説明責任を果たした」 陸山会の政治資金規正法違反事件で(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は4日朝、資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で告発されていた民主党の小沢一郎幹事長について「検察の聴取も受け、かなり説明した。記者会見も何度も行った。本人としては説明責任を果たしている。ただ、国民がどこまで理解するかは当然、いろいろある」と述べ、説明責任は果たしたとの認識を示した。首相公邸前で記者団に答えた。

 さらに、首相は「これからも必要が生じれば、説明されるんじゃないか」との見通しを示した上で、「基本的には本人の問題だから本人からの説明が基本になるが、党として何かやるべきことがあればと思う」と語った。

【関連記事】
小沢幹事長 国民が納得できる処分を
小沢氏側に献金448万円 悪質訪問販売で業務停止の業者
石川容疑者らの供述変遷 「保身」から転換? 4億円不記載事件 
小沢氏不起訴へ 嫌疑不十分、政治資金収支報告書への4億円不記載
小沢氏関与の程度は? 上級庁と最終協議へ

<囲碁>小5の藤沢里菜さんが棋士試験合格 史上最年少で(毎日新聞)
車内での嘔吐叱られ立腹 タクシー運転手に暴行の男逮捕(産経新聞)
求職者支援の恒久化検討=給付額、対象者を議論−厚労省審議会(時事通信)
参院代表質問 首相、新たな移設先選定を強調 普天間問題(毎日新聞)
<訃報>立松和平さん62歳=作家、著書に「遠雷」など(毎日新聞)

聖地・しまなみ海道、「タンデム自転車」解禁へ(読売新聞)

 愛媛県は、自転車1台を数人でこぐ「タンデム自転車」について、瀬戸内しまなみ海道の一部に限って一般公道走行を認めるための県道路交通規則改正について検討することを決めた。

 視覚障害者らもサイクリングを楽しめるタンデム自転車だが、公道走行が認められているのは長野、兵庫、山形の3県のみで、地元・今治市のNPOが、国内有数のサイクリングコースとして知られるしまなみ海道での規制緩和を要望。県は規則改正に向け、安全性などを検証することにした。

 タンデム自転車は、1台に複数のサドルとペダルが設けられ、数人が力を合わせてこぎ、先頭の人がハンドルを操作する。後ろに乗ることで障害があっても自転車を楽しめるが、車体が長いため小回りがきかないなど通常の自転車と異なる特性があることから、ほとんどの都道府県の道路交通規則で公道走行が認められていない。

 しまなみ海道でのサイクルイベントなどを主催する今治市のNPO法人「シクロツーリズムしまなみ」には、タンデム自転車を使ったイベント参加希望や視覚障害者らも交えたツアーの開催要請がしばしば寄せられるが、断らざるを得ないという。

 このため、同NPOは昨年、県の権限内での規制緩和や手続き簡素化案を県民から募集する「えひめ夢提案制度」を使って規則改正を提案。しまなみ海道でタンデム自転車が走れるようにするよう求め、県も前向きに検討することにした。

 今後、県警交通企画課を中心に、しまなみ海道でタンデム自転車の試験走行などを行い、コースのうち、自転車と歩行者が混在して走る部分の安全性などを検証する。安全性に問題がなければ、広島県側を除くしまなみ海道に限って走行を認めるよう、県道路交通規則を改正する。

 同NPOの吉武優子代表理事は「今やしまなみ海道はサイクリングの聖地とも呼ばれており、タンデム自転車解禁が実現すれば、ブランドイメージはさらに高まる」と期待している。(藤戸健志)

石川議員の辞職決議案を提出=野党3党(時事通信)
<窃盗>下着盗みました…被害者ブログにメール、発覚(毎日新聞)
ねずみ講「ライブリー」元幹部ら3人起訴、1人は不起訴に(産経新聞)
福岡の汚職、副知事室で100万円授受(読売新聞)
小沢氏不起訴で首相「責めは感じるべき」(読売新聞)

「評論家」増田氏、架空話で投資家募集か(読売新聞)

 「時事評論家」の増田俊男氏(71)が実質的に経営する投資顧問会社「サンラ・ワールド」(東京都中央区)が無登録でカナダのIT企業の新株予約権を販売していたとされる事件で、増田氏はこのIT企業について、「近く上場する」と投資家に説明していたにもかかわらず、その上場先として挙げていた海外の取引市場が当時、存在していなかったことがわかった。

 警視庁は、架空の上場話で投資家を募った可能性もあるとみて捜査を進めている。

 捜査関係者などによると、増田氏は2005年4月、カナダのIT企業「アリウス3D」の新株予約権を購入していた投資クラブの会員らに、「今年中にカナダのモントリオール証券取引所か、カナディアン・ベンチャー取引所に上場する」と説明していた。

 しかし、二つの取引所のうち、「カナディアン・ベンチャー取引所」は01年に別の取引所に統合されて消滅しており、「モントリオール証券取引所」も個別企業の株を取り扱っておらず、上場は不可能な状態だった。

 また、増田氏は07年10月に、「アリウス3D」についての「上場記念祝賀会」と銘打ったパーティーを都内のホテルで開催。投資家約200人を前に、「11月にトロントベンチャー証券取引所での上場が決まった」と発表し、「上場記念」と書かれたくす玉を割るなどの派手な演出で投資家を信用させていた。関係者によると、「アリウス3D」は現在までどこの市場にも上場していない。

 同社などに数千万円を出資した首都圏の女性は、「何十回となく海外の市場に上場すると聞いたが実現していない。(増田氏は)我々投資家をばかにしている」と憤っていた。

 増田氏を信じ、約3000万円を投資した別の男性も、「いくら待っても上場しなかった」といい、「増田氏には何度も返金を要求したが、『現在プロジェクトを進めている段階』などと返答されただけ。許せない」と話した。

<アホウドリ>ヒナ15羽、鳥島から移送(毎日新聞)
婚活サギ女、殺人容疑で再逮捕(スポーツ報知)
<さっぽろ雪まつり>週末を迎え観光客や市民でにぎわう(毎日新聞)
米国務次官補が小沢氏に訪米を要請(産経新聞)
<医療事故>動脈傷付け女性死亡 愛知県がんセンター(毎日新聞)

仙台、福井の被害品 香港で押収 国内20〜30件 爆窃団関与?(産経新聞)

 東京・銀座の貴金属店「天賞堂銀座本店」で1月、約2億4500万円相当の高級腕時計が盗まれた事件で、盗品処分の疑いで香港警察に逮捕された男らの関係先から押収された時計の中に、仙台市や福井県などで起きた4事件の被害品が含まれていたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。男らの出入国記録などから、日本の警察当局は男らの「爆窃団」が国内で起きた20〜30件の事件に関与した疑いもあるとみて捜査している。

 警視庁などは同日、捜査員らを香港に派遣した。押収された時計と被害品との照合状況、犯行に使用した工具の入手ルートなどについて情報交換するとともに、天賞堂の事件を香港の法律で処罰する「代理処罰」について協議する。天賞堂以外の被害品を持っていた経緯も調べる。

 捜査関係者によると、香港警察が逮捕、起訴した5人の関係先から181点の腕時計を押収。これらの製造番号と、日本で発生している窃盗事件の被害品を照合した結果、平成18年9月に仙台市内の百貨店で腕時計116点(6600万円相当)が盗まれた事件と、19年に福井県で発生した窃盗事件の被害品などが含まれていることが判明した。

 5人のうち3人は入国記録から、16年以降に来日を繰り返していたことが判明。3人の出入国の状況などから、3人を含む爆窃団が同年以降に発生した20〜30件に関与した疑いもあるとみている。

【関連記事】
日本に群がる「爆窃団」 スピード逮捕で見えた強欲さ
銀座での腕時計窃盗、認める供述 香港警察の調べに男3人
隣接ビル壁にへこみ ジャッキ使用か 銀座3億円時計盗
壁に穴! 宝飾品3億円相当盗まれる 東京・銀座
犯行手口は漫画『クロサギ』から?ティファニー強盗の正体とは

石川議員ら保釈請求、認められる可能性(読売新聞)
<火災>住宅全焼、2人の遺体発見 埼玉・鴻巣(毎日新聞)
陸山会事件 石川議員ら3被告、保釈(毎日新聞)
谷垣自民党総裁「小沢独裁と徹底的に対峙」 衆院代表質問スタート(産経新聞)
<温室ガス削減目標>小沢環境相、国内15〜25%軸に検討(毎日新聞)

「妊娠、中絶させた」振り込め詐欺で被害500万円 さいたま(産経新聞)

 4日午後9時ごろ、さいたま市西区の無職女性(60)が、「振り込め詐欺の被害にあい500万円振り込んだ」と大宮西署に通報した。

 同署の調べでは、1月18日午前10時ごろ、女性宅に長男(34)を装った男の声で「交際中の女性を妊娠させ中絶させた。弁護士費用を振り込んで」などと電話があり、信じた女性は指定された口座に80万円を振り込んだ。

 その後も、「慰謝料が必要」などと電話が続き、女性は2月3日までに5回にわたって計500万円を振り込んだ。

 4日に長男と連絡が取れ、被害に気づいた。

【関連記事】
「女子高生を妊娠させた」ニセ60代弟が80代兄だます
“離活”相談1300万円詐取、容疑の41歳男逮捕
桑田真澄さんの元義兄を詐欺容疑で逮捕
結婚サギ女がドンペリ豪遊、ミナミで見せた素顔
中高校生のころから羽振りよさ見せ…婚活サギ女の素顔

公明、太田前代表の参院選比例代表の公認を取り消し(産経新聞)
<子ども手当>11年度から給食費に導入検討 首相が指示(毎日新聞)
未納給食費の天引き、22年度導入は断念(産経新聞)
昏睡強盗容疑で中国人逮捕=付近で被害1億8500万−警視庁(時事通信)
同盟深化、普天間で議論=日米が外務・防衛局長級協議(時事通信)

遺族がコメント発表 山本病院の患者死亡(産経新聞)

 手術で、死亡した男性患者=(51)=の父親が6日、奈良県警を通じてコメントを発表した。全文は以下の通り。

 息子(長男)が死亡する前日まで付けていた日記には、健康を取り戻すために医師を信じて手術を受けることを決心した心境が書きつづられています。

 信頼していた医師に無茶苦茶な手術をされ何も知らずに息子が死んでいったかと思うと無念でなりません。今後の捜査により事件の真相が明らかになることを望みます。

 なお、私ども遺族は平穏な生活を送ることを望んでおりますことから取材や実名報道は差し控えていただくようお願い申し上げます。

【関連記事】
塚本容疑者「守秘義務がある」 山本病院の患者死亡
患者死亡で山本病院理事長ら逮捕 奈良、業過致死容疑で
山本病院の患者死亡事件 理事長らに逮捕状
山本病院理事長に実刑判決 奈良の診療報酬詐取
山本病院事件 肝臓手術で死亡を隠ぺいか

鳥取沖の実習船衝突 原因は「張り不備と飲酒」 運輸安全委員会が調査報告書(産経新聞)
鳩山首相、小沢氏の監督責任「よく分からない」(産経新聞)
<衆院代表質問>「鳩山政権は小沢独裁」…谷垣氏が追及(毎日新聞)
谷垣氏、「小沢独裁」政権と対決=消費増税、超党派会議提案−衆院本会議で代表質問(時事通信)
<タクシー>乗務距離制限の取り消し求め提訴 近畿の5業者(毎日新聞)

石川議員政策秘書を聴取=自身の資金団体、経理問題で−虚偽記載事件・東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が、逮捕された衆院議員石川知裕容疑者(36)の政策秘書を任意で事情聴取したことが30日、関係者の話で分かった。政策秘書は、石川容疑者の資金管理団体の事務担当者を務めており、特捜部は事務所費の無償提供問題などについて事情を聴いたとみられる。
 関係者によると、特捜部は今月下旬になって政策秘書を事情聴取。石川容疑者の資金管理団体の経理事務全般について説明を求めたという。
 同団体をめぐっては、2008年に札幌市の不動産会社から事務所と車の無償提供を受けながら、政治資金収支報告書に、事務所家賃と車のリース代の支払いを受けたとする不動産会社の受領書を添付していた問題が明らかになっている。
 不動産会社を経営する石川容疑者の元私設秘書は「受領書は発行していない」と話しており、偽造された可能性も浮上している。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜資金の出所隠す経理操作?〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

<火災>長屋全焼2人死亡 北海道歌志内(毎日新聞)
「ずさんな物品購入」発覚=5年間で427件、総額1億円−農水省(時事通信)
雑記帳 「磁器製ひな人形」お披露目 佐賀・有田(毎日新聞)
亀井金融相「神戸の少年ではないが純ちゃんは郵政を切り刻んだ」(産経新聞)
荒瀬ダム撤去、蒲島・熊本知事が正式表明(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。